シャトー・ラフィット・ロートシルトとは



シャトー・ラフィット・ロートシルトは、フランスのボーイヤック村で作られる高級赤ワインの銘柄です。
現在のメドックの第一級ワインの一つであり、繊細な味と芳醇な香りが特徴になっています。
生産量が非常に限られており、シャトーの中でも高級な部類に入ります。
シャトー・ラフィット・ロートシルトの「ラフィット」という名称は13世紀の文献に登場しており、ガスコーニュ語で小高い丘を意味する言葉です。
ワインとしての評価が高まり始めたのは17世紀に入ってからで、以後は様々な変遷を経て19世紀に第一級の格付けを取得しています。
それ以降は地位が揺らいだことはなく、最も格付けが安定したワインにもなっています。

現在もシャトー・ラフィット・ロートシルトは希少な銘柄であり、市場でも人気の高いワインの一つです。
しかし、熟成期間は他の高級ワインよりも短めになっており、ぶどうのフルーティな香りや甘みを活かした味に仕立てられています。
熟成させたぶどうを使っているため、酸味の少なさもシャトー・ラフィット・ロートシルトの魅力です。

シャトー・ラフィット・ロートシルトの買取相場について



シャトー・ラフィット・ロートシルトの一般的な買取相場は、製造年によっての違いが目立っています。
平均的な買取相場は3万円~4万円ほどに落ち着きますが、熟成年数や状態によっては10万円を超える可能性もあり、買取価格に開きがあるのが特徴です。

例えば2008年のシャトー・ラフィット・ロートシルトは2万5千円程度で買取されていますが、2007年物に関しては5万円程度、2005年の銘柄なら8万円程度の買取相場になっています。
製造年が買取相場に大きく影響していますので、査定を受ける時はチェックしておくと良いでしょう。

ヴィンテージ品に関しては、買取相場以上の価格になる場合もあります
しかしヴィンテージワインは買取業者によって値の付け方が変わることも多く、数万円の価格差が付く場合も珍しくありません。
数十年物のシャトー・ラフィット・ロートシルトを売る時は、復数の業者へ査定を依頼すると良いでしょう。

ただし、ワインの状態によっては買取相場以下になることもあります
特に汚れなどが影響する場合もありますので、簡単に掃除をしておきましょう。
付属品も買取価格に影響するため、もし持っているなら必ず添付して査定してもらうことをおすすめします。

  • 1